« なんこう梅の加工が始まりました | トップページ | 上田の七不思議 »

2008年6月30日 (月)

沓掛の石芋

上田の七不思議の中で、上田市ではないものが一つあります。沓掛の石芋がそれでして、上田市の隣の青木村に伝わる伝説です。

もっとも、上田の七不思議ができたと伝わる江戸末期~明治初期の頃は、瀧宮の片目魚の瀧宮は殿城村でしたし、つつじの乙女と密接に関係している山口の一つ火は山口村でしたし、「上田近辺の」七不思議ということだったのでしょう。

さて、沓掛の石芋ですが、石芋伝説自体は全国的に見られますし、話の筋はほぼ全て同じで弘法大師にまつわる伝説です(沓掛の石芋の伝説はこちらにあります)。ですが、石芋自体が現在まで残っている地域は珍しく、沓掛の石芋は青木村の天然記念物に指定されています。

Ishiimo

石芋の群生している状態です。

Ishiimo2

石芋の株を上から見たところです。

Ishiimo3

石芋の株を横から見たところです。

石芋は縄文時代に東南アジアから伝来した、サトイモの原種です。熱帯原産の植物ですので、沓掛温泉の湯が流れ込むような暖かい土地にのみ残ったと考えられます。

縄文時代には石芋から取り出した澱粉が盛んに食べられており、貴重な食料だったようです。その後、現在の品種のように柔らかくそのまま食べられるサトイモが普及し、旧来の石芋は急速に廃れて人々の記憶から消えて行った結果、石芋伝説が生まれたと考えられています。石芋は、縄文時代の食生活の一部を今に伝える貴重な存在なのです。

石芋の自生地は沓掛温泉のおもとや旅館下になります。看板が一応ありますが、あまり目立たず分かりにくいですので、地元の人に聞いてみたほうが良いかも知れません。

|

« なんこう梅の加工が始まりました | トップページ | 上田の七不思議 »

伝説・伝承」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、虚空蔵と申します。
上田市の西塩尻地区で「蚕飼の里塩尻」というブログを発信しています。虚空蔵山となんじゃもんじゃ、などをご紹介いただき嬉しく拝見しました。私たちが整備しました(といってもほんのわずかのお手伝いですが・・)ゆうすげとチョウの里、通称越畑ヒルズにぜひお越しください。飯島商店さんの更新も楽しみにしています。これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: 虚空蔵 | 2008年7月 2日 (水) 13時14分

虚空蔵様
お越しいただきありがとうございます。
チョウの里、と言いますと座摩神社への裏道の登り口にあるチョウの里になりますでしょうか?
虚空蔵山の一帯は特にチョウや昆虫の種類が多く、豊かな自然に親しめる本当に良い土地だと思っております。これからいよいよオオムラサキの季節になりましょうか。楽しみにしております。

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 飯島商店 | 2008年7月 2日 (水) 14時01分

返信遅れてすみません。
チョウの里はおっしゃるとおり座摩神社への登り口にあるアズマヤがあるところです。13日に公民館主催でオオムラサキの観察会が行われます。ご都合がつきましたらご参加ください。

投稿: 虚空蔵 | 2008年7月 4日 (金) 06時37分

虚空蔵様
観察会へのお誘いありがとうございます。上塩尻の公民館さんでは色々な面白い企画をされていますね。以前に催された南極観測隊員の講演会の時は、講師が私の友人でしたので勝手ながらお邪魔させていただいたことがあります。
観察会の方には参加できませんが、オオムラサキ観察会は大人だけではなくお子さんも喜ばれそうですね。成功をお祈りいたしております。

実はこのブログは松尾町商店会の企画の一つでして(店主のブログという企画です)、商店会のホームページである真田坂web( http://sanadazaka.jp/ )と連携しております。商店会の方でも色々と企画をしておりますが、なかなか大変です。上塩尻の公民館さんの活発なご活動に見習うべきところは多いと思っております。

投稿: 飯島商店 | 2008年7月 4日 (金) 10時14分

世間は狭いといいますが・・南極に行かれた隊員のお父さんが越畑ヒルズ(あずまや)整備に中心的に関わっている方で、私も懇意にしていただいています。公民館の企画であれはヒットでしたが、普段の活動はどちらかというと前例踏襲型で硬直しています。役員を勤めた時につくずく思いました。商店街さんもいろいろ問題はあるかと思いますが、燃料高騰で中心市街地復活という記事も目にしました。ますますのご活躍と飯島商店さんの地元の良さにスポットを当てる視点にこれからもご期待申し上げます。

投稿: 虚空蔵 | 2008年7月 5日 (土) 20時31分

虚空蔵様
お父様が越畑ヒルズに深く関わっていらっしゃったのですか。本当に世間は狭いと申しましょうか、私の方もだいぶご無沙汰してしまっておりますので、よろしくお伝え下さいませ。

駅前商店街は昨今の大きな環境と需要の変化に揉まれて、右往左往しているというのが現状です。私も休日に郊外の大型店舗などに行きますと、こんなにも上田に人が居たのかと少々うらやましく感じております。
燃料高騰がどう影響するか分かりませんが、今のところは諸経費アップに苦しんでいる商店主が多いようです。

上田地方の歴史・民俗・自然等をご専門に研究されている方から見ると拙いところばかりのブログ内容かと思いますが、あくまで趣味の範囲で雑感を含めてご紹介できたらと思っております。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 飯島商店 | 2008年7月 7日 (月) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520154/41994710

この記事へのトラックバック一覧です: 沓掛の石芋:

« なんこう梅の加工が始まりました | トップページ | 上田の七不思議 »