サイトマップ

ブログ記事が溜まってきまして見づらくなってきましたので、大きなものを分類します。

果物・製品関係

上田市関係
  (
地域分類表

|

2018年2月 7日 (水)

小泉小太郎と小泉氏

松尾町商店街フリーペーパー『真田坂』の25号の特集は小泉小太郎です。塩田平民話研究所長の稲垣勇一様に全面協力をいただき、小泉小太郎の民話としての魅力とその背景について解説する内容となる予定です。

真田坂の方は純粋に小泉小太郎という民話の内容について掘り下げますので、そちらは発刊予定の3月を楽しみにお待ちください。
ただ、民話研究の門外漢としての立場で見ると、どうしても小泉小太郎と上田の中世地方豪族の「小泉氏(泉氏)」の関係が全く無いとは思えませんので、このブログに異説として記します。ちなみに、民話研究の大家である柳田国男は、小泉小太郎と泉親衡(平安末期から鎌倉時代初期の上田市小泉を拠点とした地方豪族。泉親衡の乱(建保元年、1213年)を起こし、後の和田合戦を誘発する引き金となる。親衡は小泉氏の祖先と考えられる)を同一視することを否定していますし、稲垣勇一様も柳田説を支持し小泉小太郎と小泉氏の関係性を否定する立場ですので、これからの文は単なる私説に過ぎないことを始めにお断りしておきます。

---小泉氏の盛衰---

まず、小泉氏(泉氏)とは何者なのか、というところから始めます。インターネット上で小泉氏の居城の解説はいくつか目にすることができますが、小泉氏自体の解説は現状ほぼ存在しません。それもそのはずでして、小泉氏というのは実に謎が多い一族でして、分からないことだらけなのです。

泉氏は源満快の子孫であり、清和源氏の一派であるとしています(尊卑分脈など)。泉氏を名乗り始めたのは満快の6代後の公季からで、小泉庄の地頭となりました。泉親衡は公季からさらに3代後の当主となります。

鎌倉時代初期に打倒北条氏を目指した泉親衡の乱を起こして失敗し、当主の親衡が逐電した泉氏が鎌倉幕府からいかなる処分を受けたか、はっきりとした記録は残っていません。しかし、泉親衡の乱から26年後の延応元年(1239年)、時の執権である北条泰時が「小泉庄室賀郷」の水田を善光寺へと寄進している記録が残っており、恐らく乱後に小泉庄は幕府に没収され、地頭職も北条氏により接収されたと考えられます。
それから100年以上後の記録に、北条氏の配下として岡地区と舞田地区の地頭職をもらっていた記録がありますが、鎌倉時代を通じて冷遇され続けたことが伺えます。

鎌倉幕府崩壊後に泉氏(小泉氏)がいかなる動きをしたか、これもはっきりとした記録はありません。ただ、北条氏滅亡後は足利尊氏が小泉庄の地頭になっているものの、室町時代後期から戦国時代になると小泉氏が小泉一帯を支配していたことが明らかになっています。恐らく室町時代のどこかの時点で、小泉氏は何らかの方法で失地回復に動いたのでしょう。
戦国時代には小泉氏は村上氏に味方し、小泉庄とは千曲川を挟んで対岸の現在の上田城の小泉曲輪の場所にまで勢力を伸ばし、館を構えていたと考えられています。しかし村上義清が武田信玄の侵略を受けて逃亡したので、やむなくその軍門に降りました。
さらに武田氏が滅亡した後は真田氏の家臣となりましたが、信之の松代転封後の記録からはぷっつりとその名が消えています。恐らく松代転封を嫌って小泉の地に残ることを選択し、武士身分を捨てて庄屋などの農民となったのでしょう。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月18日 (土)

新物あんずの仕込みをしています。

Anzu

アンズが熟期を迎え、毎日ジャムの仕込みをしています。

当初の予想通り、例年になく早いアンズの収穫時期となっています。豊作傾向もあって、今年のアンズはすっきりと素直な味わいを楽しむことができます。

来週には販売を開始できる見込みです。もうしばらくお待ちくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんこう梅ジャムの新物が発売になりました

Ume

昨日、和歌山県田辺市で収穫されたなんこう梅を仕込みまして、今日から店頭売りを先行してジャムの販売を開始しました。大変にお待たせいたしました。

通信販売は6/20から販売開始いたします。楽しみにお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 8日 (水)

桑の実の仕込みをしています

Kuwa_2

上田市と富岡市の桑が熟期を迎え、連日収穫と仕込みを繰り返しています。

今年の桑の実は豊作傾向、十分な仕込み量を確保できそうです。6月10日から店頭販売開始、地方発送は6月15日から開始となります。
初夏の風物詩、あとしばらくお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月20日 (金)

ルバーブの仕込みをしています

Rubarb

今年のルバーブが収穫され、仕込みをしています。

今年から、品質の良い春収穫もの主体での仕込みに変更しています。より香りが華やかで口当たりのまろやかなルバーブジャムをお楽しみいただけるかと思います。

新物の発売はもうしばらく後になるかと思います。もう少しお待ちくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 6日 (水)

いちご(茨城県産とちおとめ)の仕込みをしています

Ichigo

今年のいちごが茨城県鉾田市で収穫され、四季のジャムの仕込みをしています。
鉾田市の産地では昔ながらの土耕でのイチゴ栽培を続けている農家さんが多く、良い味のとちおとめになります。

今年の暖冬による収穫減が心配される一方、全体的に香りが濃いいちごになっていて、味の面ではかなりレベルが高い感じを受けます。きっと美味しいジャムになるでしょう。

そろそろジャムを発売できるかと思います。楽しみにお待ちください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月16日 (火)

弓削瓢柑の仕込みをしています

Yuge

今年の弓削瓢柑が収穫され、仕込みをしています。

今年は暖冬の影響を心配していましたが、入荷した弓削瓢柑を見てみると影響はさほどでもないようです。むしろ、果汁の味が濃く、良い味の仕上がりとなった感じです。

しっかりと、美味しいジャムに仕込みたいと思います。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月21日 (木)

三宝柑の仕込みをしています

今年の三宝柑が収穫されて、仕込みをしています。

Sanpo

今年の三宝柑は記録的な暖冬傾向により、熟度が思った以上に進んでいます。例年に比べて酸味が弱く、甘みがかなり強くなっています。

自然の生り物ですので天候に左右されるのは仕方がないのですが、それにしても今年の熟度の進み具合は今まで経験が無い速度です。長年の勘が通用しない恐れもあり、慎重な仕込みをしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月27日 (火)

三宝柑の収穫打ち合わせに行ってきました

Sirarahama

会社の慰安旅行でグアムに行ってきました。

と、言っても信じてもらえそうな景色ですが、こちらは南紀白浜の白良浜です。お隣ですのでついでに寄って、写真を撮ったものです。シーズンになれば海水浴客で大変な賑わいを見せる、一大観光スポットです。

和歌山県田辺市の三宝柑産地へと、今年度の収穫打ち合わせに行ってきました。

Sanpo1

Sanpo2

Sanpo3

みかん畑はどこも、とんでもない急こう配の山肌にある段々畑ですので、このような農業用モノレールを使って収穫したみかんを運びます。

さて、今年の三宝柑はほぼ平年並みの収穫量が見込まれ、不作傾向だった去年よりは多くの収穫量が見込まれます。
10月に入ってからの極端な少雨により、玉伸びは今のところ控えめになっており小玉傾向です。今後のまとまった雨に期待したいところです。

三宝柑福居袋は来月の18日前後からの発売を目標に準備を進めて行きます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月24日 (土)

かりん(マルメロ)の仕込みをしました

Karin

今年のかりんが産地(諏訪市・下諏訪町・岡谷市)で収穫され、仕込みをしています。今年のかりんも良い香りで、いつも通りといったところです。収穫量はやや不作気味との情報もありましたが、順調に仕込み量を確保することができました。

仕込みをしている今だけの、生ジャムの販売もしております。
そちらもどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«かりん(マルメロ)の収穫打ち合わせに行ってきました。